保守サービスの活用

中古コピー機の購入のポイントとして、どの機種が良いか月間出力枚数によって選択することがポイントですが、購入する際の業者選びのポイントについては、保守サービスがしっかりとしている業者にすることをお勧めします。中古コピー機を取り扱っている場合、保守サービスの用意がある業者を選ぶようにしましょう。

保守サービスとは、中古コピー機をずっと長く安心して使用する為に必要なサービスであり、トラブルがあった際にかけつけて修理してもらえたり、感光体ドラムやトナー費用も全てその費用に含まれている為、いつでも利用することができるメリットがあります。

中古コピー機でも、メンテナンスを定期的にこまめにすることで長く使用することができます。保守サービスを利用していない場合、修理費用が高額になる可能性がありますので、ぜひ利用していただきたいサービスとなります。保守サービスには、カウンター保守契約や、スポット契約等もあり、業者によっていろいろな形態をとっていますので、事前に確認と、内容について把握しておく必要があります。保守サービスをすると、メンテナンスにかかるコストを算出しやすくなりますので、経理的にも平準化できますので便利です。

<参照リンク>http://www.oaland.jp/
中古コピー機の取り扱いがある“OAランド”です。

購入時のポイント

中古コピー機を購入するにあたり、どの機種を選ぶかにおいては、選択するポイントがあります。それは、その会社の月間出力枚数を算出することです。その枚数次第で、どのスペックが会社に適しているのかを考えることができます。あるいは、専門サイトに相談する際に、その枚数によって商品を決めることになります。コピー機の価格は、出力スピードによって決まってきます。つまり、出力スピードが速いコピー機の値段は高額で、遅いコピー機は安くなります。

例えば、毎月大量に出力する必要がある会社の場合、安い商品を購入すると、ロースペックになってしまいますので、仕事に支障をきたすことになります。逆に、月間枚数がそんなに多くない会社に対しては、スピードが速いハイスペックな機種は必要がないということになります。高いお金を出してもオーバースペックでは意味がない為です。

このように、会社にあったコピー機選びというのは、価格だけで決めるのではなく、月間出力枚数が大きな鍵を握っています。購入時にはきちんと算出して、最も適した商品を選ぶことができるようにしてください。あるいは、業者にその数字を伝えて、どの商品が良いかの提案を受けると良いでしょう。

中古コピー機の購入

新しく会社を起業する方の中には、ゼロからオフィス機器を揃えるという方もおられることでしょう。一気に揃えるとなるとかなりの初期費用が必要ですので、頭を悩ませることになります。会社の業務には必ずコピー機や複合機は必要になりますが、運用資金はしっかり残したい、そんな考えをお持ちの方に、中古コピー機での導入をお勧めします。中古だと壊れやすいのでは、あるいは、いい商品が出回っていない為に、少ない種類の中から選ばないといけないのでは、といった不安に思う方も少なくありません。

しかしながら、中古品にいいイメージがないというのは以前の話であり、現在では気軽に買い替えることができる環境が整っていますので、新品と同様のスペックを持ちながら、格安で購入できる商品も多く出回っています。中古コピー機を多く扱う専門のサイトも沢山ありますので、利用しない手はありません。

中古コピー機を購入する際には、信用できる業者選びが大切です。または、利用できるサービスの提供等も購入の決め手となりますので、安い商品を扱っているだけの業者を選ぶのではなく、商品数や種類の豊富さや、提供しているサービス内容、相談やお見積り内容、返答の早さや丁寧さ等、総合的に判断して決めるようにすると良いでしょう。中古コピー機とはいえ、一度購入すると長い期間利用することになります。ここでは、中古コピー機の選び方、または便利なサービスについて説明したいと思います。